PukiWiki/1.4/Manual/Plugin/S-U

トップニュース

まごころサポート大好評実施中。

いつもご愛読ありがとうございます。

このたび、まごころサポートをはじめました。

ちょっとしたお困りごとなどがございましたら、お気軽にご相談ください。

現在のところは、当店の60歳以上のご愛読者限定ですので、よろしくお願いします。

石原裕次郎没後30年企画隔週刊「石原裕次郎シアターDVDコレクション」創刊

石原裕次郎DVDコレクション
買い物代行サポート

まごころサポーター募集中!!

新聞の読み方

新聞は「世の中を知る」基本かつ最良のツール

ネットが普及しても、新聞情報の重要性は変わらない...新聞は「最低2紙に目を通す」が絶対条件……もはや1紙では世の中のことはわからない

情報収集の基本は新聞だが、全国紙1紙では不十分。

最低2紙に目を通さないと、ニュースの一部しか拾えない。

朝は見出しを中心に、新聞全体にざっと目を通す。

気になった記事は、あとでじっくり読む

全国紙も客観報道とは限らない。

社説とコラムで、新聞社の本音とメディア全体の時流を知る。

全国で見ると地方紙の読者もかなり多い。

全国紙は「大都市圏新聞」と考える。

新聞の選び方

「最低2紙」はどの組み合わせがいいか?
自分と相性の合う新聞をまず1紙選ぶ、地方在住の人は、ブロック紙や県紙でもよい。
別の新聞も読んで、情報や論調をクロスチェックすると、世の中を見る目が養われます。どちらかに偏るのは避けて、1紙は保守系、もう1紙はリベラル系論調の異なる新聞を2つ読むようにしたい。

朝日新聞」の論調は国会議員や官僚といったパワーエリートが好んで読み、その影響下にあるのは紛れもない事実です。朝日新聞は日曜日に掲載される書評が充実しており、出版業界の人も注目しています。朝日の論調が嫌いでも「朝日デジタル」は目を通すべき。

「読売新聞」は主筆の渡辺氏のカラーが非常に強というイメージがありますが、海外関係の記事が充実している。生活面、特に人生案内が面白いとの共通見解があります。

「毎日新聞」は個々の記者の力が強い。オピニオン面の「記者の目」は記者が実名で、自分の意見を主張するコーナーで、時には社論と異なる見解が出ることもあります。
社内の自由な雰囲気が伝わってきます。

日経新聞

日経新聞」が難しい人は無理せず一般紙から。「自分の知識レベル」から背伸びしないのが大切。

定期購読する1紙を決め、あとは駅売り又はコンビニ即売を活用。

溜まった新聞は、見出しだけでも目を通す。

新聞は「飛ばし読み」が基本。記事を読むかどうか、「見出し」と「リード」で判断し、迷った記事は読まない。

「見出しだけで読ませる記事」「リードまで読む記事」「最後の本文まで読む記事」

の3段階に分けて読む。

電子版を使えば、1紙5分で、主要ニュースを抑えられる。紙には切り抜きやすい、折込チラシなどのメリットも。

迷った記事は読まない。

 

天声人語

 就職氷河期のころに刊行された学生向けの本に「実践的印象操作テクニック」という言葉があった。面接攻略のコツを指南していわく、「見抜く」「引き込む」「操る」。面接に四苦八苦したわが就活の日々を思い出す。せめてお辞儀や笑顔くらいは好印象を、と鏡の前で練習に励んだ▼就活とは無縁のはずの国政の場でしきりに「印象操作」という言葉を聞く。目立つのは安倍晋三首相の頻用である。森友学園や加計学園の疑惑を追及されると、「それは印象操作だ」と反撃して質問をかわす▼どこから来た言葉なのか。社会学事典に手がかりがあった。アービング・ゴフマンなるカナダ出身の社会学者が1950年代に提唱した概念という。人のふるまいを演劇ととらえ、人は観客を意識して自分の印象を管理していると説く▼社会学の世界では広く知られた研究者だという。印象操作を論じた主著『行為と演技』を読む限り、彼の語法には、何かをねじ曲げたり、だれかをおとしめたりするような攻撃的な含意は感じられない▼あえて首相の語法に同調するならば、前文科次官に対する政権の攻撃こそ、まさに典型的な印象操作と呼ぶべきではないか。共謀罪の名を隠して「テロ等準備罪」と呼び変えるのも、堂々たる印象操作だろう。来週にも参院で可決成立させようとしている▼どうにも好きになれない言い回しではある。それでも年末になれば新語流行語の賞に選ばれる予感がする。「忖度(そんたく)」とどちらが上位に来るだろうか。

【動画】いちからわかる「朝日新聞デジタル」アプリ版

はじめてみませんか?
話題のミネラル成分≪バナジウム≫含有天然水を【宅配無料】でお届け!

第98回全国高校野球選手権大会 全国優勝作新学院 優勝報告会 

高校野球決勝戦 作新学院対国学院栃木

天声人語書き写しノート

天声人語

賄賂(わいろ)の隠語である袖の下は、江戸川柳のからかいの対象である。〈袖の下たびかさなりてほころびる〉。賄賂が常習になって、ぼろが出たようすだろう。〈袖の上から出したので取りにくい〉。あまりの露骨さに拒むしかなかったか▼この手の話には食べ物もよく登場する。賄賂を「毒まんじゅう」と呼ぶのは、見返りを求められるのを毒に例えるからだ。英語にはスイートナー(甘味料)との隠語がある。そう言えば、ようかんと一緒の箱に入った現金を受け取った政治家もいた▼「金なのかコンニャクなのかは知らん」という鴻池祥肇(こうのいけよしただ)参院議員の発言は、しばらく耳に残りそうだ。国有地の売却問題で揺れる森友学園の籠池泰典(かごいけやすのり)理事長夫妻から「紙に入った物」を渡されて、すぐに返したという。果たして「毒コンニャク」だったのだろうか▼明るみに出た記録によると、関係する役所に働きかけてほしいとの依頼が籠池氏から何度も寄せられていた。鴻池氏は働きかけはしていないと語ったが、秘書は仲介したことを認めたという。分からない点が多すぎる▼国会では土地の売却を担った財務省がまともな説明をしようとせず、「記録は残っていない」と幹部が繰り返している。それならば担当した人たちに記憶を語ってもらわねばなるまい▼思い出すのは落語の「蒟蒻(こんにゃく)問答」である。コンニャク屋が僧になりすまし、身ぶり手ぶりで禅問答のふりをする。ぐにゃぐにゃして要領を得ない説明がこのまま続くのは、願い下げである。

国有地売却の問題では新聞社により取り上げ方が違ってますので、読み比べるとよくわかります

画像の説明

坪田信貴先生 (「ビリギャル」著者)

朝日新聞活用法:音読、書き写し、色分けで受験力を高めよう

生徒の偏差値を短期間で急激に上げることで定評がある

 塾生には、朝日新聞を読むことを勧めています。大学入試出題実績のデータを見ても、圧倒的に朝日新聞が使われているからです。「天声人語」は、作文の指導に最適な良文です。「天声人語」もスクラップし、書き写します。文章に慣れていない塾生には、全文は長いので、段落ごとに区切って書き写させるようにしています。次に何も見ずに、もう一度同じ箇所を書きます。原文と自分の書いた文章を見比べると、句読点の位置が違うことなどに気付き、文章の書き方の勉強になります。
もっと詳しく

soon-logo-anime.gif

下野新聞

全国紙では、扱われない地域のホットなニュース、イベントの様子、高校受験に役立つ中サポなど 県民のスポーツ大会の結果が詳しく掲載されます。。
下野新聞社は4月、小学校高学年を対象に学習や習い事、部活動などの学びをサポートする小学生サポートクラブを発足させます。
もっと詳しく

日経新聞

日本経済新聞

就職したい会社が大企業ならば、日経新聞は最高のツールだ。他の新聞との文字の小ささを見れば、圧倒的な情報量だというのがわかる。企業についての報道の細かさもベストだ。でも、「全部なんて読めないよ」なんて心配は要らない。そもそもすべての記事を隅々までチェックする必要はないし、ちょっとしたコツを掴めば、必要な情報を集められる。日経新聞は就活生向けに、大学の就職ガイダンスに「日本経済新聞の読み方講座」講師を派遣するサービスがあるので、申し込んでみるものいい。。

もっと詳しく

 

日経産業新聞

まずは気軽に新聞と付き合おう

 読み続ければ、コミュニケーションのヒント。
 
 自分探しのヒントがいっぱい見つかるはず。
 
 1 とにかく、面白いニュースを読もう
  
  新聞の読み方の基本は、パアーッと.パラパラ...
  オッと、この記事
  ページ丸ごと破って、すとっくしておく
 2 例えば、「天声人語」など一面コラムは、目を通す

  天声人語の書き出しだけでも、毎日読む
  
  面白かったら、全文読む
 
  そして考える。何がおもしろかったのだろう?
 
3 現代文の力をつけたいのなら、「天声人語」を書き写す
  
  一面コラムのほか、ほかの面のコラムも読んでみる
 
  気に入ったコラムを原稿用紙に書く
  
  自分の手書きの原稿を眺めてみる

 新聞というのはテレビやパソコンのような電源もいらない、
 
 いつでもどこでも手軽に持ち運べて情報の収集ができる優れた

 モバイルメディアです。
 
 インターネットのように、パソコンのスイッチをいれて、
 
 ブラウザーソフトを立ち上げて、

 それでもなかなか記事にたどり着かないということもありません。

 新聞なら、パッと開くだけで、即記事が読めるのです。
  
 こんな便利なメディアはほかにありません。

『18歳選挙権、大学入試改革、アクティブラーニング』は新聞活用ではぐくむことができます。

大学入試でも就職試験でも、問われる人材の本質的ポイントは、社会の主体的な一員といえるかどうかということです。

そこで求められる人材であるためには、社会のことを広く深く知っていることが重要です。それに有益なツールが新聞です。

画像の説明

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。

東京新聞 ためしよみ 1週間無料 今だけプレゼント

a:52348 t:17 y:31

キーワード出現頻度解析